1. Top » 
  2. 歴史 » 
  3. 歴史シリーズVol.1  三方ヶ原の戦いは八百長相撲 その2

歴史シリーズVol.1  三方ヶ原の戦いは八百長相撲 その2

あ、どーも (・∀・)ノ
唐突だがトモ松さんは歴史が大好きだ できれば歴女と友達になりたい
なぜ歴史が好きかといえば歴史とは昔話なだけではない
人間というものは、何千年たっても本質は変わらない
だから同じことを繰り返す 歴史は繰り返す
つまり歴史を学ぶという事は未来の予測 歴史を制する者は未来を制すのだ(`・ω・´)キリッ!


あ、どーも (・∀・)ノ
というわけで今回は三方ヶ原の戦いを検証をしてみよう!
八百長相撲とはどういう事なんじゃろか?


では状況を説明しよう!

元亀2年(1571年)織田信長と仲たがいした将軍足利義昭の計画した信長包囲網
関西方面は、敵対する大名、寺社、一揆衆に完全に包囲され、なおかつ関東から
戦国最強大名 武田信玄が3万の軍勢を引き連れ京都に向かっていた、信長最大のピンチ

武田軍は道中、信長唯一の同盟軍、徳川家康に猛攻を仕掛け次々と徳川の城を落とす
家康は籠城して織田の援軍を待つもようやく到着した織田の援軍は、わずか3千
京都にむけ意気上がる武田の3万の軍勢に対し、徳川・織田連合軍は1万数千…

ところが…
浜松城に籠城する徳川・織田連合軍の前を武田軍は素通りして三方ヶ原方面へ向かう
これをみた家康は家臣の制止を聞かず出陣、武田軍の背後を急襲しようとするも
逆に三方ヶ原で待ち伏せした武田軍に惨敗、命からがら浜松城に逃げ帰ったのだった

Map_Japan_Genki1.png



歴史上はこういうお話なんだが…

では八百長の徳川の動機
織田にとって徳川は唯一の同盟軍、しかし織田の徳川の扱い方はほぼ家臣
徳川は対等の同盟軍にしては、扱いが雑すぎると思っていたはず
織田・徳川連合軍としての合戦ではいつも別働隊として危険な場所に送り込まれるし、
今回最強の武田軍3万に対して3千の援軍しか送ってこない
しかもこの織田包囲網、織田軍は明らかに分が悪い、ここは武田とは戦わず様子を見たいところ

武田の動機
今回の西上作戦の最大の目的は織田を蹴散らして京都にはいる事
織田との決戦の前に兵力、兵糧は極力温存したい
大将武田信玄は、体調がすぐれずスピード勝負で織田と決着をつけたい
織田にてこずる時間がかかれば、北条や上杉が武田の本拠地をねらう可能性もでてくる
徳川が戦上手なのは武田としても周知の事実、浜松城に籠城されるとやっかいこのうえない
できればこれ以上戦わず西に向かいたい

お互いの利害関係が一致したところで八百長成立です
徳川は織田の同盟軍としてかかんに武田に合戦を挑むも惨敗しましたのてい
武田は織田の同盟軍徳川を叩きつぶして勢いつきましたのてい

では合戦について検証してみよう、この合戦には不自然な点が多々あるのだ

・武田軍が三方ヶ原で待ち伏せしていた件
武田軍は3万人の大所帯、待ち伏せして陣形を整えるのにもかなり時間がかかる
徳川は武田の動きを浜松城から見ているのだから偵察部隊は後を追えばよいだけ
それなのに武田軍の動きに気づかず三方ヶ原で待ち伏せされたなんてのはありえないだろう

・両軍の陣形
武田軍がとった陣形『魚鱗の陣』これは兵力の少ない側が一気に敵の中央を攻めるための陣形
武田は徳川の倍の兵力をもっているのだから通常なら『鶴翼の陣』で敵を包囲するのが定石
しかも待ち伏せ作戦なのだから当然自軍に有利な陣形をとってるはず
兵力の多い武田軍が『魚鱗の陣』で少ない徳川軍が『鶴翼の陣』という不可思議な対陣
これは武田側 『ガッーと真ん中いってさっさと終わらせますよ』
徳川側 『恐縮です、一気にやっちゃってください』 の合図ではないかと思う

・合戦時間
武田と徳川が遭遇したのは夕方、普通合戦というのは朝からやるもの
また戦闘時間もたった2時間、2時間で徳川軍が壊滅というのも腑に落ちない話
徳川軍は領地争いで武田軍と過去にも戦っているし織田・徳川連合軍の戦いで
敵の急所をついて勝負を決めていたのはいつも徳川軍
武田が強いといっても徳川だってそうそう簡単に負けるような軍隊ではないのだ

・家康の必死アピール
前回書いたように、この合戦で家康はうんこをもらして逃げたという
その証拠写真(つーか絵だが)まで残す必死アピール
またボロボロの徳川軍を武田はなぜ追撃しなかったのか
武田の追撃をかわすためにやったのが空城の計っていう都市伝説みたいな作戦なのだから
怪しさ倍増


このへんをふまえると、どうも武田と徳川が真剣勝負をしたと思えないわけ
しかしこの仮説にはひとつ問題がある
それは織田信長の援軍の武将たちである
武田と徳川が八百長するだけならいいのだが合戦場所には織田の援軍もいるわけだ
当然、八百長をすれば信長にばれるはず、ここをどうやってごまかしたのか

また織田信長は本当に徳川が武田と全力勝負したと思っていたのだろうか
三方ヶ原の戦いのあとの織田信長の行動
ここにすべての答えがある
そして謎は次回につづくの巻
(・∀・)ノ



浜松の話だからヤマハでも良いんじゃないかね (`・ω・´)キリッ!
にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://hachan88.blog41.fc2.com/tb.php/505-76f9e3d9 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
管理画面
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

ランキングやってみます      ポチッと  m(_ _)m

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お話しようYO!
プロフィール

 トモ松

Author: トモ松
青森県八戸市 在住

盗んだバイクで走り出した15の夜
(姉の原チャリ ヤマハ・キュート)

あれからずっと走ってます。

リンク上等っ!(*`Д´)ノ夜露死苦ぅ!

素敵なブログを紹介しますよ          ポチッとどうぞ(。・ω・)ノ゙

リンクフリーダムです       リンクしてみる?( ̄ー ̄)ニヤリッ