1. Top » 
  2. 歴史 » 
  3. 歴史シリーズVol.2   元寇  モンゴルVS九州男児 その2

歴史シリーズVol.2   元寇  モンゴルVS九州男児 その2

あ、どーも (・∀・)ノ
唐突だがトモ松さんは歴史が大好きだ できれば歴女と友達になりたい
なぜ歴史が好きかといえば歴史とは昔話なだけではない
人間というものは、何千年たっても本質は変わらない
だから同じことを繰り返す 歴史は繰り返す
つまり歴史を学ぶという事は未来の予測 歴史を制する者は未来を制すのだ 
(`・ω・´)キリッ! 


あ、またまたどーも (・∀・)ノ
それでは元寇について検証しようではないか!
学校で習ったのとは、ぜんぜん違うぞな、もし
(`・ω・´)


元寇の前に、ユーラシア大陸を制覇し、ヨーロッパまで攻め込んだモンゴル軍
彼らはなぜそんなに強かったのだろうか?

まず一番の理由は機動力
騎馬民族として馬の扱いにたけ、遊牧民として各地を移動する生活から遠征もなれている
モンゴル軍の情報が敵にはいり、防御の準備をしている最中にモンゴルの大軍があらわれる

モンゴル軍は、一人が馬を5,6頭つれ移動し、乗ってる馬が潰れると次の馬にのり
その馬が潰れるとまた次の馬に乗りかえ予想のはるか上をいくスピードで現れる
馬には帰巣本能があり置き去りにされても勝手に家に帰るそうで
兵士が遠征から帰ってくるころには、家に馬が戻ってるというしくみ

実際の戦闘は小型の小回りの利く馬で相手を翻弄し、敵が前進すれば後退して矢を撃ち
敵が後退すれば前進して矢を撃つヒット&アウェイ戦法で敵を消耗させたあと
騎馬隊の突撃で勝負をつける
この時代、馬に乗りながら弓矢を使えるのはモンゴルと日本の武士だけだったそう

そして最も怖いのが彼らの作戦
まず攻める都市に集結したモンゴル軍は都市に降伏勧告をする
降伏せず反抗した場合は、兵士、民間人、女、子供にかかわらず全滅するまで殺しまくる
降伏した場合でも捕虜として連行し、次の都市攻略の最前線に立たせ本気で戦わないと
容赦なく後ろから射殺す

この力に物を言わた傍若無人ぶり… 朝青竜や…(´・ω・`)
西に向かったモンゴル軍は中央アジアから中東、ヨーロッパまで死体の山を築きながら進撃
地球上の陸地の25%を支配する歴史上最大の大帝国になったわけである
e6c49f43.jpg



では元寇の話

一回目の文永の役(1274年)
高麗(朝鮮)を制覇したモンゴル軍は次に標的を日本とする
高麗に軍船をつくらせ、いつものように支配した国の兵隊を最前線にせめてきた
つまり元軍とは司令官はモンゴル人でも軍隊の中心はモンゴル、中国、朝鮮の連合軍
船を使う海戦はもともとモンゴル軍は苦手、強さの秘訣の馬も船では多くはつれていけない
よって海戦経験のある高麗軍が中心となった

では検証
まず鎌倉武士は一騎打ち主体だったか?

集団で戦ってるがな…(´・ω・`)
81a07bdc.jpg

だいたい日本語わからん外人に名乗りをあげて一騎打ちを申し込む
なんていくらバカでもありえんじゃろ
鎌倉武士は馬に乗り弓矢を使い、なおかつ接近戦では日本刀を使いこなす完成された兵隊
最初は初めての元軍に戸惑ったものの、しだいに体制を整え集団で元軍を
追い詰めていった、これが本当

あと、てつはうという火薬武器、これ重さが4㌔ぐらいあるらしい
そんなもん遠くまで投げれんわい、砲丸投げの選手じゃあるまいし
火薬の音で馬が驚いて動かなくなったとかの話もあったけど、日本の馬がびっくりして
動かないんだったらモンゴルの馬も動かんじゃろ
結局、投石器を設置しなければ実用性はあまりなかった説が有力

また元軍が上陸せずに船に引き上げたというのは、
上陸して元軍の陣地を保持することができなかった、つまり船に逃げ帰ったという事
戦いにおいて一番難易度が高いのが上陸戦なのにわざわざ船にもどるわけがないのだ
日本攻略は容易ではないと判断して、夜のうちに船でこっそり撤退しようとしたが
難しい夜間の航海と海が時化たために座礁した船が朝発見されただけで
嵐がふいた記録は日本側、元側、どちらにもない

つまり神風は吹いてない、だいたいこれ11月の話
台風なんかくるわけないっていう
元軍、弱いんで逆にこっちから元に攻めようぜ!
って、鎌倉幕府が盛り上がったくらいの圧勝だったっていう


では、二度目の弘安の役(1281年)

東路軍 朝鮮兵中心の戦艦900隻、兵約5万人
江南軍 滅ぼしたばかりの南宋(中国兵)中心の軍船3500隻、兵約10万人 
の世界史上最大級の大艦隊が日本にむかったが…

先に日本についた東路軍が単独で上陸を試みるも防御体制バッチリの鎌倉武士団に大惨敗
九州の武士たちは、元軍やっつけてご褒美たっぷりもらうばい!と超ハイテンション!
元軍が逃げても小舟に乗って追いかけまわすわ、夜は元軍の船に切り込んでくるわ
で、昼夜関係なく襲ってくる武士たちに東路軍ボロボロ
特に日本刀の切れ味と鎧を着ながら古式泳法で海を泳ぐ武士に恐怖のズンドコ
江南軍の到着を待って合流するも鷹島沖海戦で敗れ、その後台風で艦隊ボロボロ

もともとこの江南軍というのは、モンゴルが倒した南宋軍の捕虜達
モンゴルとしては、江南軍が日本に負けて全滅しても邪魔な捕虜を始末できて良し
日本に勝って占領した土地に住み着いてくれれば、なお良し
だったらしく、兵隊も武器の他に農機具を持ち込んで日本に住みつく気まんまんだった
鎌倉武士が負けてたら日本は大変な事になってたわけ

さて、元軍に大打撃をあたえた台風、これを神風と呼んでいいかといえばどうでしょう
そりゃ、5月から8月まで上陸もできずに海上でふらふらしてれば台風にもあうって話
元軍の司令官は兵を残して、壊れてない船でさっさとトンズラ
なれない船旅で病気になっていた兵隊も多く、司令官のいない残った10万人の兵隊は、
九州武士団の掃蕩戦で壊滅させられた


15万人の大艦隊を壊滅させた鎌倉武士団、最強じゃないか!
いや、鎌倉というより九州武士団、つまり九州男児最強じゃないか!
モンゴルに対抗できるのは九州男児!モンゴルに強いのは九州男児!
今後、各相撲部屋は九州男児中心にスカウトするのだ!
特に激戦地だった福岡出身が良いだろう!(`・ω・´)キリッ!

福岡出身 松鳳山 
056bb8ae.jpg

なんだかいけそうな気がする
えっ、野球賭博で捕まってるって… 気にしなーい、そんなの気にしなーい
(・∀・)ノ



にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

Comment

蛾次郎はそんの時日本へ来たので源公なんですね~。

  • 越中の尻 [#-] |
  • URL |
  • 2014 02/27 (Thu) 14:14
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://hachan88.blog41.fc2.com/tb.php/509-f58e1f5b この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
管理画面
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

ランキングやってみます      ポチッと  m(_ _)m

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お話しようYO!
プロフィール

 トモ松

Author: トモ松
青森県八戸市 在住

盗んだバイクで走り出した15の夜
(姉の原チャリ ヤマハ・キュート)

あれからずっと走ってます。

リンク上等っ!(*`Д´)ノ夜露死苦ぅ!

素敵なブログを紹介しますよ          ポチッとどうぞ(。・ω・)ノ゙

リンクフリーダムです       リンクしてみる?( ̄ー ̄)ニヤリッ