1. Top » 
  2. 歴史 » 
  3. 歴史シリーズVol.3  織田信長 桶狭間の戦い

歴史シリーズVol.3  織田信長 桶狭間の戦い

あ、どーも (・∀・)ノ
唐突だがトモ松さんは歴史が大好きだ できれば歴女と友達になりたい
なぜ歴史が好きかといえば歴史とは昔話なだけではない
人間というものは、何千年たっても本質は変わらない
だから同じことを繰り返す 歴史は繰り返す
つまり歴史を学ぶという事は未来の予測 歴史を制する者は未来を制すのだ 
(`・ω・´)キリッ! 


あ、またまたどーも (・∀・)ノ
冬といえば、ほら、歴史シリーズの季節じゃあ~りませんか

というわけで今回から、ついに織田信長シリーズだ!


織田信長といえば、まずは桶狭間の戦いだろう

織田信長が歴史に名をとどろかせるきっかけとなったのが桶狭間の戦い

2万5千といわれる大軍を率いて尾張に侵攻した駿河の戦国大名である
今川義元・今川氏真親子に対し、尾張の大名・織田信長が少数の軍勢で本陣を強襲し、
今川義元を討ち取って今川軍を退却させた、日本の歴史上有名な戦いである。
戦後、東海道に君臨した今川氏が没落する一方で、勝利した織田氏は美濃・伊勢侵攻から
畿内の制圧へと急成長し、戦国時代の重要な転機となった。 
Wikipediaより


一般に言われているのは、

大軍にあぐらをかいたトンマな今川義元が桶狭間という谷底で休憩し、
信長のスパイが持ってきた酒や食料で宴会をしていたところ、突然の豪雨にまぎれて
接近した信長軍が谷の上から駆け下りて義元本陣を急襲、パニックになった今川軍は
大将今川義元の首を討たれ壊滅した

であるが最近の研究ではそうではないことがいろいろ判明している

①今川義元がバカ殿なのかと言う話だが、あの時代に2万~3万の軍勢を動員できる軍事力
  まわりの武田や北条とわたりあえる政治力はとてもバカ殿にできる事ではない

②織田のスパイが送った酒や食料で宴会していたというのもうそ臭い話
  今川本隊5,6千人が宴会できるほどの大量の酒や食料を運べるわけがない
  義元の側近だけが宴会していたとしても残り二万の軍隊は通常営業だし

③桶狭間とは名前の感じから谷底や狭い場所と思われがちだが、
 今川軍が陣をはったのは桶狭間山という見とおしのよい丘の上

④奇襲攻撃と言われているが、織田軍はほとんど丸見えの正面から進軍していった
  つまり奇襲ではなく正面攻撃

というわけで実際の戦いと一般的な桶狭間のイメージは全くかけはなれたものである
なぜかというと、桶狭間のイメージは江戸時代の小説からできたものであるから
そして織田信長の冷酷、残虐、エキセントリックというイメージも小説からきてるものが多い
まー、その話は後で書くとして、桶狭間にもどろう

二万の今川軍が陣をはる桶狭間山に向かって正面から駆け上っていた二千の織田軍
奇襲攻撃でもなく10倍の軍に正面攻撃をして勝てるわけがない
だが、織田信長は勝った
なぜか? どんな秘密があったのか?
ここを今回は特別に解説しよう


永禄3年 6月12日 早朝 

今川軍が動いたとの情報を聞いた信長は飛び起き、幸若舞「敦盛」を舞った
舞終わった信長は 「よし、つかみはOK!」と叫び出陣の支度をはじめたという

武具をつけるため立ったままお茶漬けをかきこんだ信長は
「甘からず、辛からず、かといってうまからず」とつぶやいたという
「まずいんじゃね~かっ!」という突っ込みを、まわりの小姓たちはぐっとこらえた

早朝4時、小姓衆5騎のみを連れ、清洲城より出発 その時
「くるなよ!くるなよ! 絶対についてくるなよ!」
と言ったため他の家臣たちは、 え、これ、ついてこいって事だろ と
急いで後を追い始めたのだった

8時頃、熱田神社に到着した信長が戦勝祈願に二回柏手を打った
パンパン!  「ムッシュムラムラ!」 
そのころには、およそ二千の織田軍がそろっていたという

織田軍は豪雨を利用してして桶狭間山に陣をはる今川軍に急接近した
しかもまさかの正面攻撃で桶狭間山を駆け上がりはじめたのだ
織田軍は三人一組で「ヤー!!」といいながら突撃を開始した

そしてこの時、日本初のあれがおきたのだ

今川の軍勢は突然の雨でびしょ濡れ、おまけにわけのわからん正面攻撃をしかけてきた
織田軍にできれば関わりたくはない、合戦のモチベーションはダダ下がり
織田軍の突撃を見た今川義元

「おい、誰か織田軍とめろよ! 俺は絶対やらないぞ!」

「え? 殿やらないの? じゃあ俺がやるよ!」

「いやここは俺がやるよ! 」

「いやいや、じゃー俺がやるよ! 」

「え…、 じゃあ義元がやるよ」

「どうぞどうぞ!!」

「…(´・ω・`)」


そう、日本初の どうぞどうぞ 
桶狭間の戦いの謎はこれだったのだったのだった


まわりが手をださないので本陣にまっすぐ突撃してくる織田軍にむかって義元は

「ストッピングー!」

と叫んだが当然止まるわけもなく、義元本陣は乱戦になり義元に群がる織田軍に

「聞いてないよぉ!」

「殺す気か!」

と戦っていた義元は兜をつかった「クルリンパ」 で織田の服部一忠を返り討ちにしたが
ついには力尽き、毛利新介良勝によって組み伏せられ討ち取られた

今川義元の最後の言葉は

「訴えてやるっ!」

だったと言われている (`・ω・´) キリッ!


まあ、あれだ、真面目に考えるとすると
大きな理由は、今川軍は連戦連勝で気が弛んでいたことだとは思うが
一番の理由は、まさか織田軍が正面からやってくるとは思ってなかった事だろう

織田信長の考えた奇襲作戦、それはこの状態からのまさかの正面攻撃
今川軍は織田軍の行動を見て、正面からくるわけがない、あれは囮じゃないか
他に伏兵がいるんじゃないか、などなど一瞬行動が止まった
それに今川にとっては織田は通過点、まだまだ戦力を温存したい
プロ野球でも年に数回は、なんでもないフライをお見合いしてポトリと落とす事がある
そんなエアポケット(どうぞどうぞ)に織田軍が一気に突撃した

今川本陣の軍はまだ戦闘をしていない油断した5.6千
織田軍は義元の首をとらなければ二万人になぶり殺しにされる決死の覚悟の2千人
今川本陣にさえ到達できれば、織田軍の勝機は十分ある
今川義元の一瞬の判断ミス、そこをピンポイントで狙った織田信長の正面攻撃

ちなみに勝ち目のない織田信長がやけくそになって正面から突撃した
という説もあるがそれなら清州城に500の守備兵を残したりはしない
信長は勝つ、もしくは敵に大打撃をあたえて城に帰る事を想定していたからこそ
城に兵を残していたはずだ

奇襲作戦とは、敵が想像できないところから攻撃をする作戦
10倍の兵力に対して一番想像できない攻撃、それが山を駆け上がる正面攻撃
桶狭間の戦いとは天才織田信長の正面攻撃という名の奇襲中の奇襲が炸裂した合戦
これが桶狭間の合戦の真実なのである
(`・ω・´) キリッ!


次回、本能寺の変の謎をとくぞな!

Comment

No Title

あれっ?
織田信長は小栗旬だったんでないの?
なんちって ( ̄∀ ̄)
あのドラマで 戦国時代に興味がでたのよね~
次回は 本能寺の変か!
織田信長の遺体はどこへ?
ふっちょっと詳しくなってるじぇろ?
あっおめでとー!
今年もよろしくね(*`∀´*)

  • Jima [#-] |
  • URL |
  • 2015 01/10 (Sat) 20:50
No Title

あ、どーも (・∀・)ノ

あけましておめでとうござります。
tamaさんの調子はどうですか?
すぐ元気になると思うけど ( ^ω^ )

織田信長って実は優しい人なんですよ
秀吉の夫婦喧嘩の仲裁もしてるしね
歴史上の信長のイメージはかなりかたよった感じになってますけどそれはほとんど小説や都市伝説のたぐいなんですよね
その辺を書いていく予定
ただし、予定は未定 ( ^ω^ )

  • トモ松 [#-] |
  • URL |
  • 2015 01/12 (Mon) 18:20
No Title

おっす!
お正月版のテレビガイドって分厚くてなんか得した気分になるよな。

そんな事よりも歴史編が来たねー、来ましたねー。
それも長編で。
どうしたんだい?

ハッ! アレだべ?

カレーライスの食いすぎでゆうこりんに黄レンジャーって
呼ばれたんだべ?

えっ?違う?

じゃあ ゆうこりんの誕生日プレゼントに何を買えばいいか迷ってんだべ?

僕に聞いてくれよ!
野菜のソムリエと言われたこの僕に。

んー、贈り物の基本はやっぱり気持ちだよね?
その人の立場に立てば自然と贈り物って決まるよね?

んーーーー、分かった!
今回は福袋方式でいこうぜ!
ゆうこりん泣いて喜ぶぞーーw
良かったな!

じゃあ以下の物を詰めておいてね。
①豆電球 20ケ位
②つるこ饅頭 1箱
③たまごっち 1個
④軍手(ちょっと良い1袋600円位の)
⑤写るんです

どうよ?何かのメッセージみたいでワクワクするべ?
何も関連性は無いんだけどなw

じゃあ歴史の続きを早く書いてくれよな!

バイビー


  • ANちゃん [#-] |
  • URL |
  • 2015 01/14 (Wed) 20:14

信長はダチョウ倶楽部倶楽部の有名どころのギャグをパクったのな!へば、あれか。秀吉編はヒップアップのギャグか?で、家康編はコント赤信号の持ちネタか?それぞれアダモステイと「アニキ~」しかねぇぞ…
それはそうと、プレッシャーの退官祝行くんだべ?久しぶりにユウコリン星人も交えて、ゴミ箱にゲー吐きながら寝って寒くて起きるくらい飲むべ!

  • 越中の尻 [#-] |
  • URL |
  • 2015 01/14 (Wed) 23:45

新年から読み応えありすぎ(*^_^*)
思わず読み込んでじごうがたのしみです。
早く書いてね〜(*^_^*)

Kachi//

  • Kachi [#-] |
  • URL |
  • 2015 01/16 (Fri) 00:18
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://hachan88.blog41.fc2.com/tb.php/541-c0f909ca この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
管理画面
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

ランキングやってみます      ポチッと  m(_ _)m

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お話しようYO!
プロフィール

 トモ松

Author: トモ松
青森県八戸市 在住

盗んだバイクで走り出した15の夜
(姉の原チャリ ヤマハ・キュート)

あれからずっと走ってます。

リンク上等っ!(*`Д´)ノ夜露死苦ぅ!

素敵なブログを紹介しますよ          ポチッとどうぞ(。・ω・)ノ゙

リンクフリーダムです       リンクしてみる?( ̄ー ̄)ニヤリッ