1. Top » 
  2. 管理人のどうでもいい話 » 
  3. 改正とは正しいほうに改めるって事なんだ

改正とは正しいほうに改めるって事なんだ

あ、どーも (・∀・)ノ

憲法9条を時代にあわせて改正しましょう。

となると、なぜか狂ったように反対!反対!という人がでてくる。
とにかく脊髄反射で反対!反対!
いやいや、まずどのように改正するかとか話をきかないとダメでしょ、おちつけ!
と言っても聞く耳もたずでわめき散らすだけ、これじゃ議論にならないよ。

改正する事によって、今の憲法より軍事国家化や侵略戦争を明確に禁止する事もできるのに
なぜか改正と言うと、軍国化だ!徴兵制だ!戦争だ!と極論に行ってしまう。
議論に極論を持ってくるのは、幼稚で前向きに考える意思がないととられてもしょうがない。
子供の「ほんとにできんのかー? 何時何分何十秒ー? できなきゃ死ぬんかー?」
と変わらないんだな、これが。

改正反対派の人は

日本の憲法は世界に誇る平和憲法!
憲法のおかげで、戦後日本は戦争に巻込まれなかった!

なんて言うけどそれは言い過ぎ。
日本が戦争に巻き込まれなかったのは、
冷戦時代、アメリカの核の傘下にいたからだし、
米軍が多数駐留する日本に攻撃したら、即、第三次世界大戦がはじまったからだ。

憲法9条があったから平和だったんだという人。
よその国の憲法なんて誰も気にしてないよ。
あなたのまわりに外国の憲法知ってる人、何人いますか?って話だ。
それに日本は憲法を守ってはいない、実際に戦力を持っているんだから。
個別的自衛権うんぬん言ったって、憲法には

・陸海空軍その他の戦力は、これを保持してはならない。

と明記されてる。

自衛隊は自衛のためのものだから戦力ではない、なんて詭弁はもうやめようよ。
結局は憲法を守っていないのに、「今まで憲法を守ったおかげで平和だった。」
の理論はまったく矛盾しているという事になるわけだ。
さて、憲法改正賛成派の中で

現憲法はアメリカが押し付けたものだ!いまこそ新しい憲法を作るのだ!

という勇ましい人達もいるが、それもどうかなと思う。
別に9条と自衛隊の矛盾以外はそれほど問題があるとは思わない。
誰が作ろうが良いものであれば使えばいいし、壊れてなければ直す必要はない。

ただ時代にそぐわない、現状と矛盾しているという点があれば改正が必要だ。
どんな名車であろうといつまでも最先端ではないし時代にあわない部分がでてくる。
ガレージにに飾っておくだけなら何もしなくて良いだろうが、
実際に走行するのであればメンテや部品交換を頻繁に行わなければならない。
ただの飾りなら改正も何もせず、後生大事に飾っておけばいいわけだが、
憲法も実際に使用するものだというのなら、時代に合った改正、修正が必要なはず。

現状のように憲法改正のハードルが高すぎると、
改正が難しいからどんどん拡大解釈が進んでいく。
憲法改正反対派=憲法の拡大解釈をやめろ!と言ってる人達だと思うんだが
改正反対!反対!と言う度に拡大解釈が進むという事を理解してほしい。
それによってどんどん憲法の形骸化が進んでいくだろう。


というわけで、憲法改正案は

第二章 侵略戦争の放棄

第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、侵略戦争および
侵略のための武力による威嚇又は武力の行使は、永久にこれを放棄する。

第二項 日本の平和維持、国防のための陸海空軍その他の戦力の保持を認める。

第三項 国際平和を守るための国防軍の他国への派遣を限定的に認める。


要は日本は他国の領土を侵略したり攻撃したりは永久にしません。
ただし、国防のための戦力は保持しますので日本に攻撃を仕掛けた国には
無慈悲に反撃します。
平和維持のためなら海外にも国防軍を派遣しますが、
憲法で国防以外の武力の行使は禁じているので限定的な参加になります。
こんな感じでいいんじゃないのかえ。


で、憲法を改正したほうが良いとは思うんだけどね。
本音としてはどんな憲法だろうが法律だろうが国民が戦争するって決めたら止めれないと思う。

太平洋戦争だって、最初は国民のほとんどはアメリカに勝てるとは思ってなかったし、
アメリカやイギリスと戦争したいなんて人はほとんどいなかったはずだよ。
ただ軍部と朝日新聞とマスコミの

白人は根性がないから、すぐ降参する。
日本は神の国、今まで戦争で負けたことはない。
日本が西洋の植民地支配からアジアを開放する、アジアのリーダーは日本だ。
戦争しないと日本は潰される、もう戦争しか道はない。

に国民がのってしまったから戦争が始まったのであって、国民が

おいおい、石油と鉄を頼ってるアメリカと戦争して勝てるわけなかんべ!
あっちは国力、日本の30倍以上だぞ。お前、身長60mの外人と喧嘩して勝てんのか?
しかも中国との戦争でも四苦八苦してんのにイギリスやオランダとも戦争すんの?
ソ連だっていつ裏切るかわかんねんだぞ、とにかくおちつけ!

と冷静に言えれば戦争にならなかったはず。
ただ戦争反対と言えば村八分にされ非国民よばわり
いきなり特高警察に連行されて拷問されて半殺しにされる、
と、戦争反対とはなかなか言えなかった時代であったのも事実ではある。
しかし日本人は、お上にはさからえない、まわりと違う事をやると仲間外れにされる
という江戸時代からの農民根性が染みついていた、これもまた事実ではある。

憲法を拡大解釈するなって言ったって、国民がやろうと思えばいくらでも拡大する。
ミサイルが飛んできて一瞬で大事な物を破壊されたり、目の前で家族が殺されるのを見れば
平和憲法なんてぶっ飛ぶと思う。
自衛のための戦争をして何が悪い、ってなると思う。
攻撃された国に対する憎悪は憲法じゃ止められない。

安保体制のまま米軍が駐留して集団的自衛権に協力しながら自衛隊が国内を守っていれば、
局地的紛争やテロに巻き込まれる可能性は上がるかもしれないが、日本本土を攻撃される可能性はまずない。
日本の平和を維持するなら、やはりこの体制のほうが現実的だ。
完璧な平和を求めても無理、だったら少しでも平和の可能性が高いほうを選択するべきだ。

世界では武力によって戦争がおき、武力によって平和維持がされている、それが現実。
安保反対やデモを否定はしないけども、理想論だけじゃ平和を維持する事は出来ない。
憲法9条は確かに素晴らしい。
けどその素晴らしさに人類は追いついていない。
いつの日か世界から戦争も武器もなくなったその時にこそ、
一斉に全世界の国で憲法9条を掲げれば良いのではないかと、そう思うのだった。

Comment

No Title

コバタケさん

あ、どーも (・∀・)ノ

リアルタイムで戦争突入までを見たわけでは無いのでなんとも言えんのですが、軍部と結託したマスコミの勇ましいプロパガンダと治安維持法や特高警察による弾圧っていうアメとムチで国民は考える力を奪われたのかなと思っとります。

実際、明治時代から血を流して広げた領土を放棄してアメリカに頭をさげるより一発、アメリカと戦争しろっ!のほうに流れるのもわかる気がします。

が、当時の指導者、軍部は勝ち目が薄いなら薄いなりにもっと綿密な講和までの計画を練ってから戦争に入るべきだったと思いますね、無計画すぎた。
唯一の計画が、「アメリカ人は根性ないからすぐ講和するはずだ」、ですから。

国民が一斉に一方方向に流れるのは、民主党が政権を取った時みたいな感じですよね。
あの時の新聞、テレビの

自民党 → 古い、官僚中心の既得権益の政治
民主党 → 新しい、国民中心の平等な政治

の、すり込み方はすごかったですし、その結果、民主党の圧勝になったわけですが結局、自民党よりダメダメだったていう。
プロパガンダ、情報操作というのは、恐ろしいもんです。

因みに私は業務上(笑)民主党を支持しなければならないのですが、共産党化してきた民主党に今後20年は再浮上はないなと感じています。

いつかの参院選で、結構有名な民主党の参議院議員が応援演説にきたんですが

「民主党はマニフェストを守らなかったって言われてますけど守ってますよ。 まず、子ども手当。私は子ども手当で娘にバイオリンを買ってあげました(キリッ!)」

ってのを聞いた時、こいつらなんもわかってねーなって(苦笑)

  • トモ松 [#-] |
  • URL |
  • 2015 10/29 (Thu) 17:42
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Page Top

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
管理画面
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

ランキングやってみます      ポチッと  m(_ _)m

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お話しようYO!
プロフィール

 トモ松

Author: トモ松
青森県八戸市 在住

盗んだバイクで走り出した15の夜
(姉の原チャリ ヤマハ・キュート)

あれからずっと走ってます。

リンク上等っ!(*`Д´)ノ夜露死苦ぅ!

素敵なブログを紹介しますよ          ポチッとどうぞ(。・ω・)ノ゙

リンクフリーダムです       リンクしてみる?( ̄ー ̄)ニヤリッ