1. Top » 
  2. 管理人のどうでもいい話 » 
  3. 優しい人間になりたい

優しい人間になりたい

あ、どーも (・∀・)ノ

わりと短気ということもあり、ちょっとした事でイライラしたりそのイライラから相手に対して意地悪な態度をとる事も多々ある。
やられたらやり返す、というか失礼な態度をとる人間には、そいつより3倍失礼な態度で接する事をモットーとしているわけだが、それはそれで結構なおっさんである自分としては大人げないとも思う。

というわけで多少は優しい人間になりたい、とは常々思っているのである。
会社から、とある経営コンサルが主催するセミナーに行け! と言われた。
わりと大がかりな他県の山の中のホテル(逃亡不可)で泊りがけでやるやつである。
ま、内容としては予想どうり、大リーグ社畜養成ギプスを装着され社畜イニシエーションで従順な社畜を製造するセミナーなわけだ。
どうせなら修行用のヘッドギアもつけやがれ!と思いつつ社畜洗脳セミナーが進んでいくのだが、まーほとんど精神論。

自己啓発だの自己探求だのもっともらしい言葉が飛び交うが要約すると
「やれないと言うな、やれないのはお前のせいだから死んでもやれ」である。
あのな、精神論で解決できるなら日本は竹やりでB29を撃墜して自由の女神の頭に特大の日の丸鉢巻まいとるわいと軍艦マーチを口ずさみながらセミナーをこなし、最終の今後の自己目標のレポートのタイトルを

「仕事の効率を追求する事により残業ゼロで有休をすべて消化する」

で提出したら社畜製造工場の工員達とひと悶着あったわけだが、まーそれはそれ。

で、この手のセミナーにはグループ行動やグループ討論なんてのがありがちでそのグループ分けの時である。
6,7人のグループになりとりあえず自己紹介なんぞをモジモジしていくわけだが、一人アナーキーなやつが登場した。
たぶん、このグループの中では一番若いだろうと思われるその男が片手をポッケにつっこんだまま話し始めたのである。

この態度の悪い男に
アンダッコラッ! ジョトダッコラッ! オンカッカッコラッ!
といきり立った俺はおもむろに立上りそいつに殴りかかった(心の中で)
しかしその男の話を聞いたとき俺は猛烈に反省した(心の中で)

30代前半の彼は仕事中に手に大怪我をし片手が不自由だという。
手も変形しているので人にあまり見られたくない、なので片手をポケットに入れているのを許してほしい、という事だったのである。

こういう場でポケットに手を入れっぱなしという事は当然それ相当の理由があるのが当たり前。
そこに考えが及ばなかった自分の浅さはかさが恥ずかしくなった。
また、ほとんどの参加者がスーツを着ているが彼だけは作業服で参加していた。
人を見かけで判断して「どうせきちんとした挨拶もできんのだろう」と思い込んでいたのも事実である。
まったく俺は浅くて恥ずかしい人間だなと反省した。
そしてこの彼に対して自分にできる事があれば、やりすぎないようさりげなくサポートしていこうと思ったのだ。

そしてそれはセミナーの昼食の時だ。
俺の正面にその彼が座ったので、おお、ここはチャンスだ、と俺はさりげなく彼のご飯をよそってやったりのナイスサポートをかましつつ昼食メニューのポークソテーを食った。

社会人の基本は5分前行動、昼休み5分前から飯を5分ジャストで食い12時から1時間きっちり休む(昼寝付き)を絶対のビジネスルールとしている俺はメインのポークをあっという間にたいらげ、付け合せのポテトとピロートークなんぞをくりひろげていたその時である。
正面の彼がポークに全く手をつけずまわりの付け合せやサラダだけを食べ終わっている。
皿に綺麗に肉だけ残っているのを見て、はて肉が嫌いなのか? と思ったがハッと気づいた。

この中途半端なホテルはたいして上等でもない豚肉にナイフとフォークをつけていた。
片手ではフォークとナイフは使えん、だから肉が食べれんのだと。
ここはどげんかせんといかん、何かせねばと思ったが、なんと声をかければよいのだろう。

「肉、食べないの? ブヒ~」では、肉をねらったただのデブだし
「肉、切ろうか? ぐへへ」では肉を切ると興奮する変質者だと思われる可能性もある。

しかもだ、そこまでやるのもなんかやりすぎのような、親切の押し売りのような感じもする。
他人に親切にできる俺凄い、俺優しい、俺いい人、の自己満足のような気もする。
障害があるからといって横からあれやろうか?これやろうか?言われるのはウザくないだろうか。
俺はいろいろ悩んだが、とりあえずなんか行動しようと決めポテトをいじるのをやめ顔をあげ彼のほうをみた。
するとどうだろう。

箸で肉くっとるやんけっ!!

そうヤツは箸で肉をモッサモッサうまそうに食っていたのである。
俺は大きな間違いをしていた。
あいつは片手が不自由でナイフとフォークを使えず食べれなっかったのではない。
ただの 「好きなおかずは一番最後までとっといて食べるタイプ」 だったのである。
お前は子供か? である。
俺はこの悔しさを付け合せのポテトをネチネチにつぶしながらぐっとこらえた。

ちなみに夜は大部屋でメンバーで酒飲みながらワイワイしたが、ヤツは暴言ばかり吐く嫌なやつだったんで次の日から助けるのをやめた。
やっぱり俺は優しい人間にはなれそうにない。

Comment

No Title

おっす!

この世の中の現象で一番好きな現象は

ハイドロプレーニング現象な俺だZE。

そんな事よりアレか?

優しくなりたいってか?えっ?

んーー、まあトモ松くんは優しいよ!俺知ってるもん。

俺が25年位借りてるナニワ金融道3巻も返せって言わないし

週に2回くらいトモ松くんの実家に勝手に言ってトモ松両親に

晩飯ご馳走になっているのも何も言わないし。


まあそんな事より、ついにこの貧乏生活からおさらば出来る

方法を考え付いたよ!聞きたいべ?

まずは俺の大好きなスニーカーにはビンテージ加工って商品が

結構あってさ、まあカッコいいんだよ。味があってさ。

値段も結構すんだけど、そこで工事現場の作業員のおっさんとかの

車のなかにある天然物(純トロ)のビンテージ加工品をちょっくら失敬してw

メルカリやヤフオクで売るのよw

『ビンテージ加工ですっ!』とか書いてよw

『匂いも忠実に再現してます!』とかもいいかもねw

ブランドはなんでもいいよ、オッサンが大好きなダンロップとか

ホムセンによくあるHIPACEとか息子のお下がりのミズノの内履き

とかでも俺くらいのマニアだと おっ!珍品?

とか騙されて買っちゃうよw

どうよ?たまんねーべ?

これをネタにネットで情報販売してもいいよ。

じゃあ、うまくいったらご馳走してくれよな!

バイバーイ

  • ANちゃん [#-] |
  • URL |
  • 2016 11/06 (Sun) 01:14
No Title

→ANちゃん

おっす!おっす!

いやー最近めっきり寒くなってって、
おい、貴様!
貴様か俺のナニワ金融道の3巻もってるやつは!
3巻だけないから俺は漫画喫茶で3巻を10回読んで家に帰ってから大学ノートに記憶を頼りに書き写してんだぞ、こんにゃろめ。

そんな事より一発あてる計画ならもうできてるんだぜ、今回は特別に教えてやるから、よかったな!

まず今年の冬、確実にくるのは手袋ブームよ。
そこで俺が開発してるのは白い太めの糸で編み上げた伸縮が良くて右でも左でもはめれるようにした手袋なんだ。
一番のポイントは手首のの所を黄色の糸でふちどることな、これが大事。
俺はこれをグンテーとなずけて今、特許申請中だから。
ついでにグンソックも開発中。

あともうひとつはパッと見、鳥の卵のように見えるけど中は甘いお菓子っていうのをフェリー埠頭で売れるように開発してるんだ、何かよいネーミングがあれば教えてくれよ、じゃーの。

  • トモ松 [#-] |
  • URL |
  • 2016 11/08 (Tue) 11:41
コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Page Top

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
最近の記事+コメント
管理画面
にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 バイクブログ ヤマハへ
にほんブログ村

ランキングやってみます      ポチッと  m(_ _)m

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
お話しようYO!
プロフィール

 トモ松

Author: トモ松
青森県八戸市 在住

盗んだバイクで走り出した15の夜
(姉の原チャリ ヤマハ・キュート)

あれからずっと走ってます。

リンク上等っ!(*`Д´)ノ夜露死苦ぅ!

素敵なブログを紹介しますよ          ポチッとどうぞ(。・ω・)ノ゙

リンクフリーダムです       リンクしてみる?( ̄ー ̄)ニヤリッ